ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

安浦町内に廃線跡を探して

安浦の町内に線路を引き、貨物列車が走っていたことがあります。
今から約50年前、安浦駅前の広大な土地(安浦海兵団跡地)の一部に、製鉄会社(帝国製鉄)が移転してきました。
そこで、港と鉄路を結ぶ、原料や製品を運搬するための貨物引込み線があったのです。
やがてその会社は閉鎖され、跡地には晴海園団地など新しい街並みが出来ました。
古い写真などを見て、だいたいこの辺りに線路が走っていたのではないかと思われます。
e0175370_2117327.jpg

スーパーイズミ前の元国道脇の水路にその痕跡が見られます。
A地点、水路上の2本のレールを支える鋼材とケーブルを通すためのコンクリート函。
e0175370_21174790.jpg

少し離れた場所では、駐車場の下で小さな橋のようなものが残っていました。
e0175370_21182031.jpge0175370_2118409.jpg








一方線路に近いB地点、アパートの敷地の角に、線路を支えた壁の一部と、ゆるやかなカーブを描いていた名残か、三角の土地が残っています。
e0175370_21194848.jpg
土地の公図を見ると、この土地の中に、鉄道敷地の形のままで、三日月の両端を切り落としたような一筆があり、鉄道があったことがわかるのです。

海岸沿いの辺りは不明で、まだまだ調査の途中。
どんなルートでどんな列車が走っていたのか。資料や写真などをお持ちの方、
お知らせいただくとありがたいです。よろしくおねがいします。

ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 呉情報へ
にほんブログ村
広島ブログ
[PR]
by yasuurayumekobo | 2011-03-11 21:20 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)