ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

安浦たんと塾シリーズ 「中畑・下垣内 探訪」

9月28日(土)安浦町のまちづくり「たんと塾」歴史探訪を開催。今回は中畑と下垣内地区を巡りました。参加者は19名です。全て歩く4kmの行程です。中畑も実りの秋 真っ盛りですね!
e0175370_16501917.jpg
e0175370_1650305.jpg
e0175370_16523819.jpg
e0175370_16524951.jpg
まず,訪れたのは,昔窯があった「雲助窯」へ。酢や焼酎を入れる徳利や土管などを登り窯で焼いていたそうです。今も地元の方が大切に持っていて見せていただきました。
e0175370_1702874.jpg
e0175370_1704059.jpg
続いては「地倉神社」へ。ここはお寺と神社が一緒に建つ地域の総氏神です。そして,何とここに「力石」を発見。安浦は探せばあるものです。近所の家では「雲助窯」の土管を玄関のアートにしていました。
e0175370_1711291.jpg
e0175370_1712731.jpg
e0175370_1715773.jpg
e0175370_1721123.jpg
一行は,灸で有名だった「円照寺」へ。田坂住職さんが丁寧に説明していただきました。ここのやいとが有名で,関西や九州からわざわざ来られる人がいたとか。また,戦時中,鉄の梵鐘を供出した為,石碑をくり抜き,梵鐘代わりにしていたそうです。
e0175370_1724224.jpg
e0175370_1725298.jpg
中畑の最後は,旧野路村役場跡です。今は民家となってますが,当時の石垣は残っていました。昭和19年の安浦町合併まで,ここが野路地区の中心的役割を担っていたんですね。e0175370_1731353.jpg
e0175370_1732411.jpg
続いては,下垣内地区へ。ガイドは地元の上田信行さん。正福寺観音堂や水洞式棚田を見学。
e0175370_174133.jpg
e0175370_1741158.jpg
棚田の石垣にかわいいお地蔵さんも。云われは不明だそうです。県道をまたがり,原手地区へ。昔は約20町歩ほどの田園で,当時の棚田風景は絶景だったそうです。ここの所有者は殆ど下垣内の人たちで,今は休耕田が増えてきました。この先に「鉄砲峠」があり,黒瀬と内海を結ぶ街道があり今も当時の面影が一部残っています
e0175370_174195.jpg
最後は「風呂谷神社」を見学しました。今回は,地元のガイドさんの説明が素晴らしく,本当に知らなかった事が多く,改めて地域の奥深さを感じました。この地は内海がまだ海の頃から,黒瀬・西条へ通じる物流街道として古い歴史と文化がありました。参加した皆さん,お疲れ様でした!。ありがとうございました。
次回は,
10月19日(土)赤向坂・藤木(赤向坂自治会館へ8時30分集合) 
10月27日(日)女子畑 (野路東小学校グランドへ8時30分集合) いずれも参加費無料です。
興味のある方,お気軽に参加くださいね!!。 タウンレポーターTMでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 呉情報へ

ランクアップ目指し,ぽちっ↓と,こちらもお願いします。にほんブログ村

広島ブログ

安浦町まちづくり協議会ホームページ はこちら

 
[PR]
by yasuurayumekobo | 2013-10-01 17:45 | 町内行事・イベント | Comments(3)
Commented by 広鈍銀 at 2013-10-05 17:10 x
お疲れ様でした~実に充実させていただきました。
以前から、鉄砲峠以北の道はどこだったのかが、気になっていたんですよね~

旧旧道まで、知る事ができ満喫です

今はまだ草が繁ってるのでもう少し落ち着いたら、下垣内~湯のそう谷~を越えてみたいです。

武田の館跡も行きたいですね~

女子畑探訪は、都合つけてでも参加するつもりです!!
Commented by やすうら夢工房 at 2013-10-07 15:47 x
遠くからのご参加、誠にありがとうございました。
担当のタウンレポーターTMにかわり、御礼申し上げます。
次回もお待ちしております。
特に鈍足銀輪さんといえば女子畑。
段地峠(だんじがだお)を走破されたレポは実に興味深かったです。
ブーブーBでした。
Commented by yasuurayumekobo at 2013-10-08 15:33
今回の参加ありがとうございました。
タウンレポーターTMです。返事遅れ申し訳ありません。鈍足銀輪さんに興味を持ってもらい,こちらもやり甲斐を感じます。探訪を通じて,昔の古道や生活文化に想いをはせることはすごく楽しく勉強になりますね。今後もご期待くださいね。