ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

安浦たんと塾シリーズ 「女子畑」探訪

たんと塾シリーズ最後を飾る,女子畑の歴史探訪が10月27日(日)開催しました。今回も地元の方の協力のもとで,松田自治会長がお世話をしてくれました。旧野路東小学校を起点にスタート。
e0175370_1015845.jpg
e0175370_1021755.jpg
e0175370_1035350.jpg
e0175370_1072620.jpg
まずは,長命寺へ。女子畑の浄土真宗のお寺です。住職さんは元学校の先生で,非常にお話が上手。地区の歴史など詳しく話していただきました。今回は特別に阿弥陀如来立像を開けていただき見学しました。
e0175370_1053282.jpg
e0175370_1053388.jpg
次は椎森大歳神社へ。ここも現地の方の説明があり,この地は明治時代まで黒瀬の「小多田村」の飛び郷であったのです。中心に流れる高野川の西が女子畑村,東は小多田村で,かつて2つの村が存在していました。
e0175370_10592171.jpg
e0175370_10592976.jpg
大歳神社の北側にある「甲手亀池」です。大きい溜め池で女子畑の最北部。安浦では,内海池(青木原池)・内海昭和池に次ぐ3番に大きい池です。昔は「河手神池」とも言われていました。
e0175370_115799.jpg
e0175370_1152479.jpg
続いて,正立寺です。ここも長命寺と同じ浄土真宗。住職の斎原さんの奥さんがご挨拶。この地は黒瀬小多田村領分だったたところです。長命寺は女子畑村分。小さい集落にお寺が2つあるのも納得しました。
e0175370_11122887.jpg
e0175370_11124154.jpg
次は,「女垣内(めんごうち」へ。女垣内神社では地元の100歳の方がお話していただきました。この地は平家伝説が残る安浦の最東部。特色は,昔7件の民家で,祭りの時,黒瀬から7人の巫女さんが各家に泊まって行事をしていたという興味深いお話を聞きました。ここも黒瀬と深い関わりがあるんですね。
e0175370_11402943.jpg
e0175370_11404495.jpg
これが,落部者の墓と言われる「平家墓」です。畑の中で野積みされてます。最後は城山神社を経て終了。
内容盛りだくさんで,女子畑の事がよくわかりました。
今年野路地区を中心に6回シリーズで探訪しましたが,貴重なお話・史跡・文化など大変参考になり,やって良かったと思いました。ご協力いただいた自治会長さん・地区の方々この場を借りてありがとうございました。今後は,まち協のみならず歴史に興味のある方も参加いただき,独自の文化財マップを製作したいと計画しています。後生に残す仕事も大事ですよね。タウンレポーターTMでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 西日本ブログ 呉情報へ
ランクアップ目指し,ぽちっ↓と,こちらもお願いします。にほんブログ村
広島ブログ

安浦町まちづくり協議会ホームページ はこちら
[PR]
by yasuurayumekobo | 2013-10-30 11:53 | 町内行事・イベント | Comments(3)
Commented by 広鈍銀 at 2013-10-30 12:46 x
先日はお疲れ様でした。

初めて、女子畑を歩いた時、なぜ古い寺が二ヵ所!?
と、思っていましたが、これで解けました♪

女垣内の集落の奥には、どうやら、西条、黒瀬方面へ抜ける為の道が、あったとの事でした。

平家の落人、武田の館跡、、勧農坂、武智丸等々…

安浦の文化財…何気に深すぎます!!
Commented by yasuurayumekobo at 2013-10-31 17:25
広鈍銀さまへ。こちらこそご参加いただきありがとうございました。今回は,中切から女子畑まで6回開催し,地元の方にガイド&説明してもらう企画でした。知らないことが多く,私も参考になりました。広鈍銀さんも昔話やまちの筆跡など民俗学に関心があり嬉しい限りです。今後も企画していきますので,ご参加くださいね。
ありがとうございました。 タウンレポーターTMでした。
Commented by 広鈍銀 at 2013-11-02 14:00 x
本日、女垣内再訪しました、途中、文化祭の町内放送に傾きかけましたが…

峠道ですが、路肩の石垣はしっかりとしており、荒れているものの、線形ははっきりしているので、それなりの薮ですが、なんとかなるかなと

地区の方と、散歩しながら話を聞いたのですが、大分以前は、黒瀬町保田から、嫁にきていた方も、いたそうで、山越えで通っていたと…おそらくは、女子畑と段地峠の間に出るルートかなと思いますが、地形図には、破線さえ記入されてないので、行ってみないと…ですね~

他、資料にあった、山中にある神社の場所も、教えていただきました。

しばらく、女垣内辺りをうろうろする事になりそうです。