ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

2017年 05月 08日 ( 1 )

<安浦町メンバーズカード 協賛提供店の情報をお届けします>

専門店で聞きました「美味しいコーヒーの淹れ方」
今回は㈱セイコー珈琲、マネージャーでコーヒーインストラクターの資格をお持ちの大岩様に「おいしいコーヒーの淹れ方」を教わってきましたーヾ(´∀`)ノ。
コーヒーはすっかり生活の中に溶け込んでいる飲み物。コーヒーを入れる時も、なんとなく漫然として終わらせるくらい日常的な作業になっている方も多いのではないでしょうか。
でも、コーヒーやお茶は生活の句読点。お茶入れ替えて気分を変えて、というときにちょっと美味しい淹れ方を思い出してリセットしませんか。
e0175370_08164989.jpgみなさん、コーヒー豆はどのようにして保管していますか?風味を損なわない保管方法についてですが冷蔵庫が良いそうですよ。冷凍庫に入れている方はおられますか?「冷凍庫ですと温度差がありすぎて吸湿することもあるので、冷凍庫よりは冷蔵庫がベターです」との事です。
みなさんはコーヒーを挽いてもらう時は「中挽き」が多いのではないでしょうか。また特に指定しないと「中挽き」になることも多いようです。
コーヒー豆の挽き方と味わいの関係では、粗挽だとソフトな味わいの方向に、細挽だと濃いテイストの方向になるそうです。
ということは、初めてのお店の場合は中挽で試してみて、その後好みの味わいの方向に挽き方をお願いして、好みの一杯を探すのも楽しいですね。焙煎の度合いなども考えると「好みのコーヒー」探しは奥の深い世界と思いました。
e0175370_08170895.jpgお湯の温度はどうでしょう。あまり熱いと風味も飛んでしまうような気もします。至適温度について聞いてみました。「湯の温度は諸説ありますが、一度沸かして、少し冷めた85~90度ぐらいがよいようです。スペシャルティコーヒーなど、珈琲本来のコクやボディー感が出やすく感じられるようです。ポットのお湯をグラグラにわかして、カップを温めたあと、ポットに戻すとちょうど10度ぐらい湯温が下がり、コーヒーの抽出に最適になります」とのことでした。
趣味の珈琲を楽しむ関連グッズにはキャニスターやカップなどがまず思いうかびますが「手挽きミル」などが挽く時の香りや手間が楽しめるのでオススメとのことです。
コーヒーや紅茶関連商品はセイコー珈琲さんの通販サイト「カフェ工房」もぜひご覧ください。
https://www.cafe.co.jp

安浦町観光協会メンバーズカードの詳細についてはこちら
http://www.yasuura-yumekobo.com/kanko/members.html


[PR]
by yasuurayumekobo | 2017-05-08 08:19 | 観光協会メンバーズ耳寄り情報 | Comments(0)