ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

カテゴリ:安浦あんな所こんな場所( 361 )

豪雨から3週間経った、先週の日曜日(7月29日)、野呂川支流 中切川での一コマ。
まだ川の水量は多く、1匹のカメが岩の上で一休み。どこからか流されてきたのでしょうか。
e0175370_23080925.jpg
難儀しながら、岩の周りを泳いでいました。
e0175370_23081673.jpg
1週間経つと、水量も減り、川の水も澄んできました。
ただ、元々生えていた植物が全然見られません。
e0175370_23082377.jpg
砂漠の中に、岩が点々とある景色のようです。
もと通りになるためには、時間が必要なようです。

1ブーブーBでした。


[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-08-05 23:09 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
災害復旧中の安浦町ですが、
明るいニュースをひとつ。

グリーンピアせとうちのサンシャインプールが帰ってきました!
昨年はグリーンピアせとうち自体が休園中でプールは開かれませんでしたが
今年はオープンします!!

当初7月14日のオープン予定が、豪雨災害の影響で21日にずれ込みました。

サンシャインプール開園期間 7/21(土)~8/26(日)

今年の夏はとっても暑そうです。
是非グリーンピアせとうちのサンシャインプールで夏を楽しんでください。
お待ちしてます(^^)/

豪雨災害で寸断された道路の復旧状況は日々変化しています。
最新の情報を確認され、時間に余裕をもってお越しください。

e0175370_10004005.jpg
e0175370_10080548.jpg

タウンレポーターはまるぽんでした。




[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-07-18 10:08 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
梅雨晴れのある日、年に数回あるマイナス10以下の干潮が見られました。
三津口湾の干潟がいつにも増して広く出現し、
武智丸から見ると、海ではなく砂浜のよう。
e0175370_23133880.jpg
武智丸そのものも、海岸に漂着した船のような姿を見せていました。
e0175370_23135023.jpg
ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-26 23:21 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
夜の安登駅です。通勤帰りの電車が着いきました。
e0175370_21221197.jpg
2階駐輪場の事務所は、地域の人たちが管理するふれあいの場所。
e0175370_21222917.jpg
この時期、七夕飾りが入口を飾っていました。
ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-24 21:23 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
移転オープンした安登郵便局、小迫局長さんは、地域の交流の場を目指しています
e0175370_12220518.jpg
そこに、平田清登さん達のグループが、朝採れ野菜の販売を始めました。
e0175370_12201613.jpg
全て近隣の畑で採れた新鮮野菜が並びます。
郵便局が開いている曜日の16時30分まで。
e0175370_12222165.jpg
駐車場あります。ご利用ください。

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-15 12:23 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
梅雨入り前の一コマです。
e0175370_22505274.jpg
この時期干満の差が大きくなり、アマモが群生する三津口湾は、干潮時に緑色に染まります。
沖なのに、サギなどの水鳥も着地して餌をついばみます。
e0175370_22512595.jpg
杭打ち方式のカキも干上がり、
e0175370_22511296.jpg
ひたすら耐えながら、うま味を増していくのです。

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-11 22:52 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
安登、「豆な茶屋」脇の畑は、まちづくり協議会有志の皆さんが、様々な試みで荒廃するのを防いでいます。
国道側には、背の高いタチアオイが植えられ、夏までの長い期間花を咲かせます。
e0175370_18113367.jpg
そして畑の中で育っているのは、ヒマワリ。
ヒマワリ迷路で子どもたちを喜ばせたこともありましたが、ここ数年は、天候の関係などから、不発に終わっていたようです。
e0175370_18114939.jpg
今年はどうか、元気に育ってほしいものです。

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-10 18:13 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
瑞風安登駅停車の記事、その前の話です。
e0175370_00065920.jpg
風早~安浦駅間、子之浦農道からは、牡蠣打ち場をかすめて走る瑞風をとらえることができます。
e0175370_00072125.jpg
5時過ぎのことです。
e0175370_00073915.jpg
この後、安浦、安登で停車するため、安登での撮影が可能だったのです。
e0175370_00073084.jpg
瑞風に早起きを余儀なくされた、6月の朝でした。

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-07 00:08 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
ほぼ月に1度のペースで、瑞風が安浦を走ります。
コースの設定から、だいたい火曜日の早朝。
e0175370_07261507.jpg
5時頃三原方面から広に行き、6時に広を折り返してきます。
e0175370_07262929.jpg
日の出が早いこの時期は、撮影チャンスが増えます。
6月5日、安登駅。ホームにはカマラマンが2・3名、いまだ人気衰えず。
e0175370_07264127.jpg
上り電車を待つ姿を撮影していました。

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-06 07:27 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
5月13日、観光協会役員の研修の一環として「安浦を海から見る」ツアーが行われました。
武智丸横桟橋からスタート。稚児の明神、亀岩、オレンジビーチ、スクモ山、塩屋、七浦と安浦町から川尻の神田造船がみえるあたりまで陸つたいに航行したあとは、一気にスピードアップして大崎下島の御手洗へ。
e0175370_07204613.jpg
途中の主要ポイントではまちづくり協議会の山田さんによる解説、そしてあらかじめ配られたレジメを確認しながらみんなメモをとったり写真を撮影したりと結構忙しい…。
e0175370_07204893.jpg
これは亀石。船からしか見ることができません。向こうはグリーンピアの「こどもの国」です。
e0175370_07205176.jpg
これも船でないといけない「阿弥陀仏の礁」。ある方向から見ると子供を背負って念仏を唱えている仏の形に見えるそうですよ。
e0175370_07205314.jpg
グリーンピアのオレンジビーチのすぐ東は海から見るとこうなっているんです。石切場の跡です。これも初めてみました。船ならではの景色です。
e0175370_07205577.jpg
安浦の三大富士の一つ「スクモ山」と高飛山の間に挟まれた高飛浦。今は台座と鳥居のみが残る高飛神社跡。
神功皇后が船を繋いだ岩ものこるこの辺りの景色は1800年前も今も変わりはありません。
e0175370_07205755.jpg
七浦海岸からなんと30分で大崎下島に到着〜ヾ(´∀`)ノ
写真は御手洗地区の千砂子波止と高灯籠です。江戸の街並みを残す御手洗のシンボルともいえましょう。後ろの山には「歴史の見える丘公園」があります。
e0175370_07205963.jpg
御手洗から岡村港を左に見ながら安浦に向けて舵を切って〜
e0175370_07210128.jpg
下碇の礁(しもいかりのはえ)をかすめて〜
e0175370_09142990.jpg
最後には柏島に上陸できました〜ヾ(´∀`)ノ
今年も6月に例大祭があります。昔は尾道の吉和を始め近郊の船が蝟集し露店もたくさん、サーカスまで来て賑やかだったそうですよ。
e0175370_07210495.jpg
それにしても安浦って、海上から見ると島々に隠されて見えにくいのでまさに「安心の浦」っていう感じだなと思いました「日の浦は平家落武者が米を隠した場所」という伝承も「なるほどう」と思います。
そしてなんといっても瀬戸内では六甲山に次ぐ高さ、野呂山の偉容ですよ。
陸地だけではわからない瀬戸内の自然の魅力を感じるツアーや、歴史を切り口にしたオリジナルツアー。釣りや、沿岸酒蔵めぐりのようなアクティビティなどの企画。さらに山田さんがおっしゃっていた「連理のモッコクを縁結びの聖地に」という提案のように、他の観光地の事例からの連想や組み合わせでいろんな魅力を発信できそうだと思いました。
しまなみ海道だけでは飽き足らないお客様に提案できる観光資源はあるとおもいます。
海から、という視点を加えることでいろいろな発見があり勉強になりました。
船を出していただいた呑舟丸様、ありがとうございました。




[PR]
by yasuurayumekobo | 2018-06-06 07:26 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)