人気ブログランキング |
ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

カテゴリ:驚きの((笑)も含む)光景( 104 )

速報です。
本日(3月18日午後8時頃)、国際宇宙ステーション「きぼう」が確認できました。
「きぼう」が見えた、ふたたび!_e0175370_22153717.jpg
西から北の空に向かい、光の点が、すう―っと流れていきました。
この時期、宵の明星=金星が明るく輝く北西の空。
動かない金星の横で、流れていくのが希望です。
「きぼう」が見えた、ふたたび!_e0175370_22152192.jpg
すっかり春めいて、良く晴れた夜空で、
一瞬の天体ショーを見ることができました。
以前にもきぼうの記事を掲載しましたが、
条件が合えば見ることができる景色。
いいことがあればいいな。

ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さんいつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2020-03-18 22:17 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
秋晴のある日、三津口から安芸津方面へ自転車で往くと、
国道脇の草地に、亀さんがひなたぼっこ。
安浦珍百景・巨大リクガメが居る風景_e0175370_22425211.jpg
巨大リクガメの「マイケル」。
平成28年12月号のTANTO29号に紹介されている、
美容室「らん」のペットです。
安浦珍百景・巨大リクガメが居る風景_e0175370_22435979.jpg
ボーっとしてると見逃してしまいそうですが、
16年は生きている、まちの名物です。
ブーブーBでした

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さんいつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2019-10-28 22:44 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
大きく潮が引いた三津口湾。
グリーンピア沖の小熊島と馬島がつながっていました!
島と島をつなぐ橋が出現_e0175370_07131446.jpg
ともに無人島ですが、瀬戸内海国立公園に指定され、伝説のある島々です。
島と島をつなぐ橋が出現_e0175370_07124523.jpg
この海峡は「不通の瀬戸(とおらずのせと)」と言われています。
島と島をつなぐ橋が出現_e0175370_07133712.jpg
他にも「瀬高」「仕切り」「通せん」の呼び名があると、
まちづくり協議会のホームページ、「知る・学ぶ」が伝えています。
実物を見ると、自然の営みの不思議さを実感しました。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さんいつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2019-09-02 07:14 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
安浦の豊かな海のシンボルといえば、アマモともう一つは…
ハクセンシオマネキという小さなカニ。
ここにハクセンシオマネキ!_e0175370_20153902.jpg
野呂川河口にも見られましたが、豪雨災害後の河川整備で住みかを失っていました。
ここにハクセンシオマネキ!_e0175370_20161290.jpg
それでも、もしやと思い、更に川下の小さな川が流れ込む場所の、
船溜まりを見ました。
ここにハクセンシオマネキ!_e0175370_20155309.jpg
オオッ!いたいた。ハクセンシオマネキです。
ここにハクセンシオマネキ!_e0175370_20163191.jpg
まだ小さいけれど、辺りにいっぱい。バンザイをするチゴガニもいて、
その生命力に感動しました。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さんいつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2019-07-29 20:17 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」が、現在地球を旋回中。
日の出日没後に、条件が整えば、肉眼でも確認できます。
昨日安浦で見逃した後、本日呉市内でその時を待ちました。
18時過ぎ、西南西方向のビルの陰から現れ、北北西で頂点になり、北東の山陰に消えていきました。
「きぼう」が見えた_e0175370_22262428.jpg
「きぼう」が見えた_e0175370_22264579.jpg
「きぼう」が見えた_e0175370_22270150.jpg
「きぼう」が見えた_e0175370_22271600.jpg
「きぼう」が見えた_e0175370_22273339.jpg
「きぼう」が見えた_e0175370_22280354.jpg

音も点滅も無く、小さな光が空を横切っていく。スーッと…
その間5分足らず。
賑やかな町の光の中ですが、一瞬の静寂が訪れ、ちょっと感動的。
希望の光かと、感傷的にもなりました。

ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さんいつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2019-01-24 22:54 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
神戸の方から、陣中見舞いが届きました。色々な「神戸を感じるもの」を、送っていただきました。
その中に、メロンパンがありました。
神戸を感じる贈り物は、メロンパン?!_e0175370_21574772.jpg
コープこうべの「神戸ハイカラメロンパン」(白あん&ミルククリーム)。
この形…ラグビーボール型、或いはマクワウリ型。
神戸を感じる贈り物は、メロンパン?!_e0175370_21580072.jpg
昔はメロンと言えばマクワウリだった頃の名残。
瀬戸内沿いに、古いパン屋さんでそんな『メロンパン』が点在しています。
神戸、三原(オギロパンのメロンパン)…そして
呉と言えばメロンパンのメロンパン!
形は同じでも、ボリュームと中身が違います。
神戸のは、軽くいただくおやつ感覚の菓子パン。
神戸を感じる贈り物は、メロンパン?!_e0175370_21580999.jpg
白あんは、切るとクリームのような食感の、「ハイカラ」味でした。
台風に備え、非常食にぴったりの送りものになりました。

ブーブーBでした。


by yasuurayumekobo | 2018-08-23 22:00 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
潮汐表マイナスの日の報告、3回目は、海と川が出合う場所。
野呂川河口。
潮汐表マイナスの野呂川河口_e0175370_22201587.jpg
普段は、川というより海だと言えるような箇所です。
それがすっかり干上がり、中央部に細く川の流れが確認できました。
潮汐表マイナスの野呂川河口_e0175370_22193920.jpg
潮汐表を見ながら、海を眺めると、普段見ることのない風景に出会えますね。

ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2018-07-05 22:21 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
潮汐表マイナスの日の武智丸の記事は先に紹介しました。
潮汐表マイナスの三津口湾_e0175370_22123839.jpg
では、全体はどうなっているのかを丘に上がって眺めました。
潮汐表マイナスの三津口湾_e0175370_22114115.jpg
海の中にクッキリと、アマモで覆われた干潟が出現しました。
潮汐表マイナスの三津口湾_e0175370_22112215.jpg

ブーブーBでした。

ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2018-07-04 22:13 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
一昨日の朝、瀬戸内海は海霧に包まれました。
海霧幻想_e0175370_08425046.jpg
三津口湾は。その境目にあるようで、子之浦農道から眺めると、
幻想的な風景を見ることができました。
海霧幻想_e0175370_08430128.jpg
青空が広がる晴天との対比が、素晴らしく、夢をみているようでした。
海霧幻想_e0175370_08424124.jpg

ブーブーBでした。
ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2018-05-26 08:44 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
呉市天然記念物、黒地の浜。
黒地の浜は、野呂山は火山だった?の謎を解く鍵_e0175370_23340210.jpg
説明版を読むと、太古の昔に火山の爆発物と泥が、白と黒で交互に堆積した地層とのこと。
黒地の浜は、野呂山は火山だった?の謎を解く鍵_e0175370_23342282.jpg
別のもので見ると、野呂山は、
大量の火山の堆積物が冷えて固まったものらしい(とても乱暴な素人的説明ですが…)。
黒地の浜は、野呂山は火山だった?の謎を解く鍵_e0175370_23341221.jpg
大芝島にも同様の天然記念物になっている地層があり、
太古の火山爆発の証が今に残る証を、身近な場所で確認ができます。
野呂山は火山だったか?の明確な答えになっていませんが、
ブラタモリ的考察は、なんか楽しい。

ブーブーBでした。


ぽちっ↓と応援をお願いします。皆さん、いつもありがとうございます。

by yasuurayumekobo | 2018-04-09 23:35 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)