人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

ご近所で、全体が紅葉している低木をみかけました、「ニシキギ」です。
この紅葉は「ニシキギ」_e0175370_13060762.jpg
秋の見事な様から、美しい絹織物「錦」のように美しい木ということで名前がつきました。
丈夫で育て易く、成長しても2~3mであることから、庭木や公園木として人気があるそうです。
この紅葉は「ニシキギ」_e0175370_13062373.jpg
縦に割れながら伸びる、幹や枝の独特な姿から「カミソリの木」とも言われています。
そんなに普及しているのかな…始めて見る珍しい木だと思っていました。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2022-11-18 00:00 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
晴天が続く晩秋の日々。空気が乾燥することもあって、景色がクリアに見えます。
コンクリート船武智丸がある安浦漁港から見えた、西日本最高峰「石鎚山」。
稜線シルエット2題_e0175370_10041366.jpg
このブログでもたびたび紹介していますが、くっきり見えた時は気持ちが良い。
稜線シルエット2題_e0175370_10040329.jpg
右手前に黒く写るのは「グリーンピアせとうち」の敷地、その向こうに「大崎下島」越えれば四国。約65km先にある断崖絶壁の稜線は、鋭角的なシルエットを見せています。
日が落ちた直後の「表木山」、こちらはご近所の山です。「中切富士」とも呼ばれ、中切からは三角形の影を見せています。
稜線シルエット2題_e0175370_10035230.jpg
その姿から、「安浦三富士」のひとつに数えられています。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2022-11-17 00:00 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
この記事のために、今まで待った写真を公開。7月に写した道ばたの「オシロイバナ」。
オシロイバナの白い粉_e0175370_14101285.jpg
10月には、枯れた花1輪に1個、黒くて固い種ができます。
オシロイバナの白い粉_e0175370_14102329.jpg
爪楊枝の先ほどの大きさで、シワの模様が手榴弾のよう。
オシロイバナの白い粉_e0175370_14104064.jpg
外側の殻を割る(とても固い)と、中には薄い膜に包まれた「胚乳」があります。『乳』とはいえ、水分や湿気は全く感じられず、ポロポロと白い粉になって周囲にこぼれます。
オシロイバナの白い粉_e0175370_14105890.jpg
この粉が化粧に使う「おしろい」のようなので、「オシロイバナ」の名前が付きました。
ただ、実際に大人の化粧に使われることはなく、子どもが遊びで使うに、止まっています。でも、昔の子は遊んでいたけれど、今の子どもは使わないのだろうな…
因みに、オシロイバナには毒性があり、嘔吐、下痢、腹痛を引き起こす一方で、漢方薬としての効能もあるそうです。
いずれにしても、種の粉を含めて口に入れるのはNGのようですね。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2022-11-16 00:00 | 花鳥風月 | Comments(0)
この時期、団地を歩いていると、おびただしい数の赤や黄色い実を付けた木が目立ちます。
ピラカンサスの赤い実_e0175370_14172218.jpg
ピラカンサス(和名トキワサンザシ、ピラカンサとも言う)です。
家の壁から頭を出す姿に、生命力を感じます。
ピラカンサスの赤い実_e0175370_14173739.jpg
実は食べられないのと、幹や枝に鋭いトゲがあり剪定がしにくい(切った枝は触ると痛い!)ので、
最近は敬遠されがちだそうですが、この時期人様の目を楽しませてくれます。
ピラカンサスの赤い実_e0175370_14174914.jpg
実を食べた鳥が、離れた場所に「落とし物」をし、予期せぬ場所で芽吹く木でもあります。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2022-11-15 00:00 | 花鳥風月 | Comments(0)
内海北、県道矢野安浦線沿いの休耕田。埋めつくしたススキが、昨年から気になって仕方がない。
白狼の群れか?と、思わず立ち止まるのは…_e0175370_23090466.jpg
種類が違うとしか思えないほど、良く成長した株は、見事な穂をつけ、夕日に照らされています。
白狼の群れか?と、思わず立ち止まるのは…_e0175370_23084792.jpg
まるで(想像するだけですが)、「白狼の群れ」のようです。
白狼の群れか?と、思わず立ち止まるのは…_e0175370_23092016.jpg
地主さんには、厄介な存在でしょうが、見る者にとっては、迫力と美しさに満ちた光景です。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2022-11-14 00:00 | 花鳥風月 | Comments(0)