人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

やすうら夢工房ブログ

yasuurayum.exblog.jp

広島県呉市安浦町のまちづくりに関する情報を発信していきます(σ*´∀`)σ☆

湧き水を水源とする安浦町内の水路。上流で自生するリュウノヒゲモが見られるのは、広島県内でここだけ。1000mほどの短い間にも、様々な表情があります。
よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13511792.jpg
中流域の坂本歯科付近は、豪雨災害時に野呂川(中畑川)が氾濫し大きな被害がありましたが復活し、再び多くの水生植物が見られるようになりました。
よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13465897.jpg
「アナカリス」など繁殖力の強い外来種が勢力を伸ばす中、シュッと伸びた水草が闘っています。
それは、広島県で絶滅危惧種に指定され、安浦では日之浦に繁殖が確認されている「カワツルモ」に似ています。海岸伝いに流れてきたのか?と思いを巡らせていました。
そして、『その花』を見つけました。写真の赤丸内を拡大するとわかります。ブログで2015年8月21日に紹介した、日之浦のカワツルモに花が咲いたという記事。

よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13462365.jpg
そこに登場するものに少し似ていますが、決定打とはいきません。
 
よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13463822.jpg
一方、2020年7月28年の記事ではリュウノヒゲモの花を紹介していますが、これには似ていません。もっとも、たった1輪だけでした。
そして、「愛媛の植物図鑑」(https://www.fureai-cloud.jp/tie/doc/view/18931/)でリュウノヒゲモの花を紹介してありました。
数日後、少し上流の写真に撮りやすい場所で、よく似たものが発見できました。これだ!
よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13471907.jpg
9月も終わるので、花の盛りはすぎたようですが、形態はそっくりです。
よもやよもやの…これはリュウノヒゲモか?!_e0175370_13480642.jpg
カワツルモとリュウノヒゲモは似ている、花が咲いて区別ができると言われています。
上流から流れてきたものが、定着したのか?その推理の方が、海から漂流した説より無理がない。
今はやりの言い方をすれば、『よもやよもや』。リュウノヒゲモが、ここに復活した可能性が高いです。
確実にするためには、専門家に見に来てもらいたいものです。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2021-09-27 13:54 | 驚きの((笑)も含む)光景 | Comments(0)
安登の「豆ナ茶屋」、駐車場のフェンスを彩る、つる性植物の黄色い花。
フェンスを彩るヘチマ_e0175370_08064140.jpg
午前中元気で、午後にはしぼんでしまいます。
何の花だろ?と思っていましたが、実を見て判明!「ヘチマ」です。
フェンスを彩るヘチマ_e0175370_08063325.jpg
未熟な果実を沖縄では「ナーベラー」といい、ゴーヤのように料理に使われているそうです。
成熟した実を乾燥させてできるのは、昔人間ならご存じの「ヘチマたわし」。
さて、ここのヘチマの実は、どう利用されるのでしょうか。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2021-09-26 08:07 | 花鳥風月 | Comments(0)
9月24日、神田造船で進水式が行われました。バルクキャリア(ばら積み貨物船)「ORIENTAL MASTER」、同社のホームページで紹介されています。
最後の進水式か_e0175370_07533283.jpg
前日、準備中の船を撮影できました。
神田造船は来年1月以降、新造船から撤退するとのことで、この船の完成時期と合致します。
おそらく、最後の進水式でした。
最後の進水式か_e0175370_07534649.jpg
修理部門は残るとのことですが、フェリーの建造など、独自の技術を持ちキラリと輝いていた企業、
会社のご事情を無視した外野の人間の感想ですが、それが無くなるのか、と思うと、残念でなりません。
「月の浦海水浴場」があった遠浅の海岸を埋め立ててやってきた造船所は、この地域の希望なのですから。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2021-09-25 07:54 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)
9月2日に紹介したハナミズキ、その時にも写っていたことに気づきました。
益々赤く色づく実ですが、その脇に玉ねぎ型のつぼみが付いています。
実と蕾、春の準備を今から_e0175370_09221832.jpg
これから実を落として紅葉しと、季節ごとに目を楽しませてくれる木です。
実と蕾、春の準備を今から_e0175370_09223301.jpg
落葉して枝だけになっても、つぼみは耐えて冬を越します。そして春には花。
時の移ろいを、形で教えてくれる木です。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2021-09-24 09:23 | 花鳥風月 | Comments(0)
中央ハイツが出来て30年超、団地内には様々な木が植えられ、育っています。
落ちてきた銀杏で秋を知る_e0175370_09064773.jpg
そんな中の1本、根元に散らばる黄色い実が見られます。銀杏(ギンナン)です。
見上げれば、枝々にたくさん実っていました。
落ちてきた銀杏で秋を知る_e0175370_09065587.jpg
イチョウの木全体が黄色く色づくには、秋がもっと深まらなければなりませんが、ギンナンが落ちて秋の訪れを知ります。
落ちてきた銀杏で秋を知る_e0175370_09063810.jpg
ギンナンは、茶碗蒸しなどに入れられる食材で、封筒に入れレンチンすればそのままでもホックリして美味。
団地内には、実をつけるイチョウもまだまだあり、ギンナン取り放題的な状態ですが、
癖のある匂いの果肉を、取り除く下処理がけっこう面倒で、地面に放置される状態が続いています。

ブーブーBでした。

# by yasuurayumekobo | 2021-09-23 09:07 | 安浦あんな所こんな場所 | Comments(0)